KinKi Kids・堂本光一、“喘ぎ声”に苦労!? プレイボーイ役で「しょっちゅう“そういうシーン”が出てくる」と悩んだ過去

 KinKi Kidsのバラエティー番組『KinKi Kidsのブンブブーン』(フジテレビ系)が3月13日に放送され、乃木坂46・生田絵梨花と女優の森公美子がゲスト出演した。

koichi-nude.jpg

 「ゲストのやりたいことをする」というのがコンセプトの同番組。生田と森は「声優の専門学校に体験入学したい!」とリクエストし、そこで今回は、「東京アニメ・声優&eスポーツ専門学校」の講師から、“声優の基本”を学ぶことになった。

 堂本光一は、過去に声優を務めた経験があり、アニメ『獣王星』(2006年)で主人公・トール・クラインの青年期役を、映画『ラッシュ/プライドと友情』(14年)では主人公・ジェームス・ハント役の吹き替えを担当。ジェームス役は“プレイボーイなF1レーサー”という設定だったため、苦労したという。

 「もうね、すごかったですよ。外国の方、かなりプレイボーイだったので、しょっちゅう“そういうシーン”が出てくるんですよ」と、ラブシーンの吹き替えに困惑したと明かし、「台本に『AD』って書いてあって。『AD』ってなんの略がわかります?」と質問。森が「アシスタントディレクター?」と答えると、光一は「って思うじゃないですか。で、収録するところに行ったら『それではアドリブいきまーす!』って言われて……」と話し、「AD」が「アドリブ」の略だったとか。「外国の方じゃないですか。引きにするのか……いろいろ考えたのよ。どっちにすればいいんだろうって……」と喘ぎ声について悩んだと明かしていた。

 すると、森が「ちょっと待って! 朝っぱらから使える?」と、土曜お昼の放送時間帯を心配。光一は「だって仕事だもん、俺の仕事だよ!」と力強く主張しながらも、「大変でしたね……」と本音を漏らしていた。

 その後、「声優演技の基礎」や「アニメ独特の発声技術」などの授業を受け、最後は学生制作のオリジナルアニメ『弁当戦争』のアテレコに4人で挑戦。ウィンナーや卵焼きなど、弁当のおかずの役がそれぞれに割り当てられたが、堂本剛は何度も「難しい」と感想を漏らし、森も「難しい! すぐに声優になれると思ったら大間違いだね」と実感した様子。

 『弁当戦争』のアテレコが無事終了すると、剛は「こういうお仕事が来たら、今日の日のことを思い出したい」と学んだことを今後に生かしたいと話し、光一も「絵もかわいいし、1人で喘ぎ声やらされるより全然いいです」と、またしてもラブシーンの話題を出して周囲の笑いを誘っていた。

 この放送にネット上では、「喘ぎ声のアフレコをネタにし続ける光一さん、さすがだった(笑)」「光一くんが吹き替えた映画見てみたいな。渾身のアドリブを聞きたい!」「剛くんも光一くんも役になりきってたね! 声優のお仕事来るといいな」といった声が寄せられた。





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!
























人気記事