「ジャニーズの圧力説」「本人の希望?」飯島三智氏の“称賛記事”が、配信先で削除&タイトル変更の怪

 2月16日、ニュースサイト「NEWSポストセブン」で公開されたコラムニスト・山田美保子氏の記事をめぐり、一部ジャニーズファンが騒然としている。

210218_iijima.jpg
これもまたマスコミの忖度なのか?

 同記事では、SMAPの元マネジャー・飯島三智氏が、 ECプラットフォームや決済サービスを提供する「BASE株式会社」の社外取締役候補に挙がっていることについて報道。しかし、公開からほどなくして、記事タイトルから飯島氏の名前が消え、また「Yahoo!ニュース」を含む配信先のサイトでは記事自体が削除されている。これにより、SNS上では「ジャニーズ事務所の圧力説」や「飯島氏から削除を要請された説」など、さまざまな臆測が飛び交っているが……。

 2016年1月にジャニーズ事務所を退社した飯島氏は、同年7月に「株式会社CULEN」を設立。17年9月にはジャニーズを退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が合流し、「新しい地図」として活動をスタートさせた。山田氏の記事は、3人の活躍ぶりについて言及しながら、「SMAP時代、長年チーフマネージャーを務め、マスコミでは度々『I女史』との呼ばれ方で、あることないこと…、いや、ないことないこと書かれ続けたのが飯島氏」「私が知る限り、仕事を共にしてきた人たちに彼女を悪く言う人はいない」などと、全面的に飯島氏を称賛する内容となっていた。

「そのため、ネット上では、記事タイトルの修正や削除は、元社員である飯島氏を好意的に取り上げたことで『ジャニーズ上層部がメディア側に圧力をかけた』とする見方や、裏方でありながら大々的に取り上げられたために『飯島氏本人から申し出があったのでは?』と勘繰る声も。山田氏はその後、この措置についてTwitter上で『個人的にも驚かされました』などと発言していることから、少なくとも記事を書いた本人にとって『想定外の事態』だったことは間違いなさそうです」(スポーツ紙記者)

 さらに山田氏は、一般ユーザーからの「まだまだ圧力かけられてるんだ」とのリプライに対し、「…ご心配、ご不快な想いをさせてしまい、ごめんなさい」ともツイート。文面通りに受け取れば、やはりジャニーズサイドから、何らかの物言いがあったように思えるが……。

「ところが、ジャニーズサイドがこの状況を知ったのは、記事の修正や削除が行われた後だったとか。もちろん、飯島氏も、記事について注文を入れたことはないそうです。となると、一連の措置は、記事を掲載した『ポストセブン』の都合という可能性が一番高いでしょう」(テレビ局関係者)

 一方で、山田氏とジャニーズは「以前から犬猿関係が続いている」(同)という話も。

「山田氏は、ジャニーズの圧力を疑う世間の声を否定していません。つまり、元の記事にしても、飯島氏を持ち上げることで、彼女をよく思わないジャニーズに対して『ネガティブキャンペーンを打った』という見方をすることができます。『ポストセブン』にとってみれば、山田氏とジャニーズの板挟みになることは、当然避けたいところでしょう」(同)

 いずれにせよ、記事そのものより「一度配信された記事が削除された」点に、人々の関心が注がれていることは間違いない。果たして記事が修正、削除された真相が明らかとなる日はやって来るのだろうか……。





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!






























人気記事