Kis-My-Ft2・横尾渉、同棲めぐり「年も年だから許してくれるっしょ」発言でファン激怒! 「4年前のこと忘れたの?」「アイドル辞めたら?」と厳しい声

 1月30日放送のラジオ『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポンPremiun』(ニッポン放送)でのKis-My-Ft2・横尾渉の発言を受けて、「あり得ない」「アイドル辞めたら?」とファンが怒りの声を上げている。

4988064949908.jpg

 Kis-My-Ft2メンバーの中から毎週3人ずつ、交代で出演しているこの番組。30日の放送では、横尾のほか、藤ヶ谷太輔、宮田俊哉の2人が登場した。問題の発言が飛び出したのは、メンバーが知らないさまざまな生活情報をリスナーから教えてもらう「キスマイジャーナル」というコーナーでのこと。この中で、家具家電が備え付けられた部屋を1カ月から借りることができる「お試し同棲サービス」が紹介され、3人は“同棲したらやってみたいこと”についてトークを繰り広げた。

「まず宮田が、あくまで想像の中の話として『帰ったときに「ご飯にする? お風呂にする? それとも、私?」って言われたいね。王道だけどね』と回答。また、藤ヶ谷も『想像したこともないからあんまり……』『家帰って「おかえり」(って言ってくれる)だけでうれしい』などと、当たり障りのない、無難な回答をしていました。さらに藤ヶ谷は、彼女と一緒に洋服を買い物に行って『これ似合いそうじゃない?』『絶対こっちのほうがいいよ』というやりとりもしてみたいと願望を語り、宮田と大盛り上がり。すると、横尾が『やっていこう!』『(デビュー)10周年たつし、いいんじゃない? 年も年だから、許してくれるっしょ』と発言したため、ネット上では『は? 何言ってんの?』『同棲認めろって言いたいの?』『あり得えない』『4年前のこと忘れたの? あのときどれだけのファンを傷つけたかわかってる?』と批判が続出しています」(芸能ライター)

 というのも、横尾には2017年3月に、モデル・堀田理沙との交際疑惑がネット上に拡散。これをきっかけに、ファンがSNSを調査したところ、横尾が15年7月に『プレバト!!』(TBS系)で紹介した蕎麦の写真とよく似ている写真を、堀田が15年4月に自身のブログにアップしていたことが判明。また、堀田が13年6月から飼っている犬の種類と名前が、横尾の愛犬と同じだったことから「お互いが匂わせしてたなんて最低」と炎上した過去がある。

 また、その直後には、16年に撮影されたという浴衣姿の横尾と女性のツーショット画像も流出。女性の顔は隠されていたものの、同じタイミングで堀田のブログから記事が全て削除されたため、「画像の女性は堀田ではないか」とみるファンが続出した。

「さらには、17年当時に交際中だったと思われる一般女性の情報もファンの間で騒がれることに。恋人とうわさされたこの女性が、SNS上で『彼に仕事辞めていいよって言われれた』などと横尾との結婚を匂わせるようなツイートをしていたことも発覚し、ネット上では『幻滅した』『プロ意識低いし、もう無理。担降り(ファンを辞めること)します』と声を上げるファンが相次ぎました。それだけに、今回、同棲を容認するよう求めた横尾の発言には『17年にやらかして信じられないくらいグループに迷惑かけたこと忘れた?』『もっとアイドルの自覚持って』『同棲したいならアイドル辞めな』と厳しい意見もあります」(同)

 キスマイは、今年3月に千賀健永が誕生日を迎えれば、全員が30代以上になることから、中には「年齢的にもいいんじゃない?」と横尾の考えを受け止めている人もいるが、やはり「アイドルには夢を見せてほしい」という人は多い様子。ジャニーズアイドルの高齢化が進む中、「結婚」という壁はタレントにとっても、ファンにとっても高いようだ。


こんな時期だから在宅で稼ぎたい!



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


















人気記事