やはり「人類の奇跡」としかいいようがない山下智久、“石原軍団”みたいなTOKIO・城島茂! ジャニーズ“新発見”写真

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

4910151010314.jpg

B美……永遠の29歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳 デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルは若い子。

C子 あっという間に2021年も1月後半だね~。今年も相変わらず新型コロナウイルスの影響で不要不急の外出自粛生活が続いてるから、家でドラマを見たりして過ごしているよ。今期のドラマ、なんか見てる?

B美 1月期は、関ジャニ∞・大倉忠義主演の『知ってるワイフ』(フジテレビ系)が早々に始まったよね。見ようかな~と思って録画してたんだけど、1月7日放送の初回視聴率が6.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の大コケだったから、なんとなく見るのためらっててさ(笑)。

C子 大倉、去年は9月下旬にコロナ感染が明らかになって、一時的に仕事を休んだりと、歯がゆい思いをしたんじゃないかな。丑年生まれの大倉は年男だし、2021年はうまくいってほしいよね。

B美 去年の大みそかから今年の元日にかけて放送された『日本中に元気を!!ジャニーズカウントダウン2020-2021~東京の街から歌でつながる生放送~』(同)でも、「ウシシ8(エイト)」の一員として参加してたね。今年は大倉以外だと、Kis-My-Ft2・北山宏光、A.B.C-Z・五関晃一、Sexy Zone・松島聡、King&Prince・平野紫耀と神宮寺勇太、SixTONES・森本慎太郎、Snow Man・目黒蓮が年男だったっけ。

C子 今回の『カウコン』は、密を避けるためにグループごとに別々の場所で歌ってたよね。年男パフォーマンスもコロナの関係でないかと思ったけど、企画自体はなくならなくてよかった。あの企画で今年の干支を知るみたいなとこあるし、頑張って続けてほしいなあ。

B美 そういえば、「J-GENERATION」2021年2月号(鹿砦社)にも『カウコン』の年男特集が載ってたよ。ほら、14~18ページで丑年のメンバーを紹介してる。『カウコン』には出ていなかったけど、長谷川純、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanの宮近海斗、中村海人、松倉海斗、7 MEN 侍・中村嶺亜、IMPACTors・影山拓也、なにわ男子・大橋和也、西畑大吾も年男なんだ。

C子 丑年は、活躍が期待できそうなタレントが多いね。King&Prince・平野と神宮寺、Snow Man・目黒あたりはグループ自体に勢いがあるし、Sexy Zone・聡くんも突発性パニック障害で休養していたけど、去年の8月に活動再開して、今年は精力的に仕事をやっていくんじゃないかな。丑年メンバーの今後に要注目だわ。

B美 やっぱり、『カウコン』の醍醐味の一つは年男企画なんだよね。4~13ページは「年男プレイバック!」と題して、過去のステージを振り返ってるよ。13-14年の「ウマウマシックス」(午年)はHey!Say!JUMP(薮宏太、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光)とKis-My-Ft2(玉森裕太、二階堂高嗣)の2組。15-16年は「モンキースリー」(申年)で、V6・岡田准一、嵐・大野智、ジャニーズWEST・重岡大毅だって。

C子 6~7ページは「酉年イレブン」(16-17年)で、元男闘呼組の岡本健一、関ジャニ∞・横山裕、渋谷すばる(当時)、タッキー&翼・今井翼、Hey!Say!JUMP・岡本圭人、山田涼介、中島裕翔、知念侑李、A.B.C-Z・橋本良亮、ジャニーズWEST・神山智洋、藤井流星がいるね。オカケンがギターを弾いて、息子の圭人が横に立っている場面では、JUMPの3人が「ヨッ! 親子!」みたいな感じで目立たせてあげてる。翼もオカケンに合わせてギターを弾くしぐさをしているけど……。横山は、現場のテンションについていけてない感じじゃない?

B美 7ページを見てもつまらなさそうだし、やっぱり横山は居心地悪そう(笑)。ほら見てよ、6ページ下のすばるも、ついつい下を見ちゃって、心ここにあらずだもん。「早く終わらないかな~」とか思ってる顔じゃん。

C子 横山とかすばるみたいな、“接待に乗れないアイドル”って、なぜか嫌いになれないんだよな(笑)。こういうのって、クローズアップした写真じゃないと見えてこない感情だよね。



石原軍団みたいな城島茂、吹っ切れた長野博……ベテラン勢の必見写真

B美 17-18年の「ワンワンシックス」(戌年)は、TOKIO・城島茂、嵐・櫻井翔、相葉雅紀、関ジャニ∞・村上信五、中山優馬、Sexy Zone・中島健人。なんか面白い顔ぶれに感じる。申や酉は干支に合わせたコスプレをしていたのに、この時は戌(犬)を表すアイテムがなくて、全員が袴姿なんだ。

C子 城島リーダー、バッチリとリーゼントでキメてて、髪形の張り切り具合がスゴい。袴も着慣れているようだし、なんていうか、“石原軍団の一員”みたいじゃない? 櫻井、相葉、村上と比べても貫禄あるもん。たまにはそろって袴で集合する年男っていうのも、新鮮でいいね。

B美 18-19年の「イノシシナイン」はV6・坂本昌行、嵐・二宮和也、松本潤、関ジャニ∞・丸山隆平、KAT-TUN・中丸雄一、上田竜也、風間俊介、Sexy Zone・菊池風磨、King&Prince・岸優太と、なかなかの大人数。これって、上田だけがイノシシのカチューシャをしていなくて、「ステージ裏に忘れたの!?」と、ファンがザワついたやつだ。年明けに『バゲット』(日本テレビ系)でこの件について聞かれた時、「いや、あんなもんつけてらんないっすよ」と半笑いで返してたのはシビれたな~。

C子 イノシシナインは、ずいぶんと躍動感のある写真だね。前のほうで坂本くん、風間くん、丸ちゃんがカメラアピールしているのに、岸くんが遠慮がちに後ろにいたりと、ジャニーズの上下関係が表れてる気がする。それにしても、風間くんのはしゃぎっぷりはうれしいな。俳優業がメインだから、『カウコン』じゃないと見られない姿だよ。

B美 19-20年の「チューチューシックス」(子年)は、V6・長野博、NEWS・小山慶一郎、関ジャニ∞・安田章大、Sexy Zone・佐藤勝利、ジャニーズWEST・小瀧望、SixTONES・ジェシーと、個性豊かなメンバーだね。年男じゃないけど、13ページの左下に写り込んでいるV6・森田剛が、“なんで俺ここにいるんだろう”みたいな表情で笑っちゃう。

C子 悟りに入ってるよね(笑)。前方にいるジェシーがネズミのマネしておどけてるから、なおさら面白い。それと、12ページの長野さん、ネズミのカチューシャがよく似合ってるわ~。「これをつけてステージに上がるぞ!」っていう堂々とした感じ、吹っ切れ具合が素晴らしい。

B美 なんの文句もなく「はい、わかりましたー」って素直につけてそう。顔が癒やし系だから、こういうかわいいキャラものが似合うんだろうね。上田もいつか吹っ切れる日が来るんだろうか(笑)。



ジャニーさん、実は元KAT-TUN・田口淳之介の顔が好きだった!?

B美 あと、今回の「Jジェネ」は、「関西ジャニーズJr.注目の無所属メンバーたち」(46~52ページ)っていう“ジャニーズJr.青田買い”的な特集もあるよ。自分は勉強不足だから、関ジュの顔と名前を覚えたいところ。

C子 最初は古謝那伊留と今江大地か。2人とも、去年ぐらいから俳優業に専念していて、先輩のコンサートのバックダンサーにつく機会も減っているよね。あ、48ページの河下楽くんは、今江くんと共に『ラン・フォー・ユア・ワイフ』っていう4月開催の舞台に出る子だ。河下くんは、本格的な外部の舞台への出演は初めてなんだって。

B美 「Jジェネ」の写真で見る限り、ちょっと中性的な雰囲気があるね。「現在現役大学生。関西Jr.屈指の歌唱力の持ち主で、時折披露しているアカペラは見事です。ダンスとアクロもメキメキ上達中」「手足が長くプロポーションも抜群で、見てよし、聴いてよしのデキるJr.です」だって。へぇ~、こんな有能な人がいたなんて、知らなかったわ。

C子 49ページの岡佑吏くんは、いい意味でジャニーズっぽくない顔だね。「愛称は『おかゆちゃん』。童顔の舌足らずぶりが何ともかわいらしく、『滑舌の悪い天使』と呼ばれていました」とのこと。キャラクターも特徴的で、周りにも愛されていそう。

B美 岡くん、確かに俳優事務所のアイドルグループにいる感じの顔してる。誰かに似てるな……デビュー当時の山田孝之とか? 個人的に気になったのは、51ページの吉川太郎くん。元KAT-TUNの田口淳之介と、ジャニーズJr.の少年忍者・鈴木悠仁を足して2で割ったような顔じゃない? まぁ、そもそも田口と悠仁が似てるんだけどさ。

C子 ホントだ!! 特に右下の写真なんか、田口のJr.時代といわれてもわからないレベルで似てる。ジャニーさん(ジャニー喜多川前社長)の好みって、Sexy Zone・勝利やKing&Prince・平野とか、“くっきり二重のイケメン”ってイメージあるけど、田口似のタレントも意外と多いよね。ジャニーさん、実はこういう顔も好きだったんだろうなあ。


山下智久、“人類の奇跡”としかいいようがない10年間の記録

B美 それと、「山下智久 ありがとう山P ! 『人類の奇跡』山下智久の足跡」(68~77ページ)もあるよ! 「Jジェネ」は過去にも元Love-tune・安井謙太郎、元関ジャニ∞・すばる、錦戸亮とか退所メンバーの特集を組んできたけど、昨年10月いっぱいで事務所を去った山Pの歴史も振り返ってる。

C子 退所すると、ほかのアイドル誌では取り上げてもらえなくなることが多いのに、さすが「Jジェネ」! どれどれ……山P、やっぱりビジュアルは完璧だわ。ヘアスタイルは多少違うけど、容姿の変化がほとんどないから、どれが古い写真なのかわからないじゃん。タイトルにもあるように、これは確かに“人類の奇跡”としかいいようがないよ。

B美 2009年は髪色も明るいし、パーマがチャラく見えるから、若い時の写真だなっていうのは区別がつくけどね。10年以上前ともなると、あどけない感じが出ていてもおかしくないのに。いかに初期から完成していたかって話だよね。

C子 ただ、59ページで派手なコートを着ている山Pは、“地球に連れてこられた宇宙人”みたい。山Pにしちゃ珍しい、コミカルな1枚だよ。あとは71ページの左下、非常口のマークみたいなポーズもちょっとマヌケだね。体勢も表情もキツそうだし、タスキをかけているみたいな衣装なのも謎。

B美 74~77ページは「山Pなかよしコレクション」だって。元KAT-TUNの赤西仁、髪の毛結んでサングラスして、レザージャケットにパーカー姿だよ。これ、ステージ写真じゃなくて、どっかのクラブ帰りじゃない(笑)?

C子 こんな格好するジャニーズ、今じゃなかなかいないよ。懐かしさで涙が出そうになっちゃった。これがジャニーズ事務所所属のアイドルとして認められてた時期があるっていうのがスゴいし、赤西の異端ぶりがよくわかる。

B美 75ページでは、元NEWS・手越祐也がメイド服みたいなかわいい衣装を着てるね。隣の山Pは……ドラキュラ? なんかさ、驚安の殿堂こと「ドン・キホーテ」でそろえたみたいな安っぽさじゃない?

C子 生地がペラペラ&テカテカだもんね(笑)。ジャニーズが庶民レベルの仮装をするっていうのが、逆に味わい深いよ。76ページには、堀越高校の同級生であるKis-My-Ft2・北山宏光や、KAT-TUN・亀梨和也とのツーショットもあるね。彼らと山Pの絡みがもう見られないなんて……。

B美 77ページの写真も、山Pが亀ちゃんのほうを見つめているカットがグッとくる。亀と山Pは発売予定だったアルバムもお蔵入りになっちゃったから、ちょっと切なくなってきたわ。この特集、山Pファンはもちろん、事務所担なら永久保存版だね!


≫≫生活が一変しました!!≪≪



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!

















人気記事