スノ・深澤の『ザ・ノン』っぽい写真

Snow Man・深澤辰哉の『ザ・ノンフィクション』っぽい1枚、SixTONES・田中樹は「兄と共演」を激写! ジャニーズお宝写真

jg2012.jpg
J-GENERATION (ジェイジェネレーション)2020年12月号 / 鹿砦社

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

B美……永遠の29歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳 デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルは若い子。

C子 SixTONESの3rdシングル「NEW ERA」が発売されて、発売初日のオリコンデイリーシングルランキング(11月10日付)で、31万1,764枚を記録したね。7月リリースの前作「NAVIGATOR」の初日売り上げ(42万3,202枚)よりも勢いが衰えた印象だけど、それでも初日で30万超えはスゴい!

B美 最近は、嵐の「カイト」(7月29日発売)が68万797枚、Snow Manの2ndシングル「KISSIN’ MY LIPS / Stories」は65万2,305枚と、初日から60万台に届くグループがいたから、30万だとちょっと物足りないように見えちゃうよね。でも、「CDが売れない」と言われる時代で、30万は上出来だよ。Snow Manの初単独シングルも売れたけど、SixTONESファンも頑張ったんだろうな~。今もデビューシングルの“VS売り”は賛否あるけど、SixTONESもSnow Manもそれぞれ話題になったうえに、お互い切磋琢磨していけるし、結果的によかったのかもね。

C子 そんな彼らのジャニーズJr.時代を拝める企画が「J-GENERATION」2020年12月号(鹿砦社)に載ってたよ。「SixTONES × Snow Man キュートすぎる思い出写真を公開! Jr. 時代プレイバックフォトレポート」と題して、デビュー前の懐かしい写真を大放出してるの。今やすっかり売れたな~!! って、しんみりしちゃった。

B美 さっそく2ページ目のSixTONES・ジェシーを見たら、当然だけど幼さが残っててビックリ! ちょうど10年前の写真と、現在のジェシーの顔を比較してみると、少しシャープになって男前に成長したね。かたや、3ページ目のSixTONES・京本大我は、10年前も今も、ずっと顔が整ってる!! 10~12年の写真を見比べても、髪の長さを含めて、全然変わってないもん(笑)。

C子 大我は85ページに近年の写真が掲載されているよ。こっちは金髪だからガラッと大人っぽくなってるけど……。ヘアスタイルが変わったぐらいで、顔立ちはそこまで変化がないね。ってことは、大我は10年前の時点で、すでに顔が完成されてたってことか。さすがだわ~!

B美 4ページの高地優吾も、眉毛が細いぐらいで、顔はそのままだね。隣の松村北斗は、なんていうかフェミニンな感じ。今よりも髪の毛が長くて、表情も柔らかいし、女性アイドルっぽさがある。ただ、下の赤い衣装を着ている13年の写真は、Snow Man・宮舘涼太みたいに見える。なんでだろう? 髪が外ハネだからかな?

C子 ホントだ、13年の北斗は完全にダテ様だわ! 今まで、2人の顔が似てると思ったことないから、やっぱり外ハネが影響してるのかも。

B美 6ページの森本慎太郎は、「天使」と言われていた小さい頃から、顔つきはそこまで大きな変化を感じないね。09~11年頃は小柄で愛くるしい感じだったのが、成長するにつれてガタイがよくなっていったんだね。09年なんて、まだ12歳とかだから、そりゃどんどん体も大きくなるわ。

C子 7ページの田中樹は、10年のコンサートで兄・田中聖(元KAT-TUN)と一緒に歌ってるじゃん!! Hip Hop JUMPの頃だね。これ、めっちゃいい写真。おなかに手をあてて、ちょっと緊張してる感じが出てるもん。こんな初々しい樹、もう二度と見られないでしょ(笑)。


Snow Manは「ホスト」か「演歌歌手」に振り分けられる!?

B美 SixTONESに続いて、8ページからはSnow Manの特集だね。岩本照、10年前の写真は、まだあどけなさが残っているのに、下の12年の写真だとシュッとして精悍な顔になってる!! 10年はたぶん17歳ぐらいだと思うけど、2年間でこんなに変わるんだね。

C子 高校生って、顔つきに変化が現れる年頃だもんね~。ところで9ページの深澤辰哉、10年の黒ジャケットを着て胸元にコサージュつけてる写真、完全に“売れないホスト”じゃない!?(笑) どんどん新人に追い越された挙げ句、田舎に帰って家業を継ぐかどうか……っていう悩みを、『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)とかで吐露していそう。

B美 ホントだ、何このホスト感(笑)。11年の写真でヒョウ柄のストールを巻いている写真も含め、全体的に衣装がホストっぽいのかな? そんな中で、ふっかは赤ちゃんのコスプレをしているような1枚もあるし……どうせタッキー(ジャニーズ事務所副社長・滝沢秀明)がやらせてたんだろうけど。ふっか、あらためて最近の写真と比較したら、なんか若返ってる気がする。逆の意味でいい成長を遂げたね。ホスト界じゃなくて、ジャニーズで報われてよかったよ。

C子 おっ、10ページの渡辺翔太も外ハネヘアーだね。もしかして、ヤンチャだった時代のKAT-TUNの名残かな? そういえば、10年前のKis-My-Ft2とA.B.C-Zの“エビキス”メンバーも、こんなふうに外ハネが多かったイメージがある。なんか、ジャニーズの歴史を感じる特集だね(笑)。あと、下の真ん中にある11年の写真、なんとなく演歌歌手にいそうな雰囲気を醸し出してる。“演歌界の貴公子”惠ちゃんこと、山内惠介っぽくも見えたり。

B美 確かに、こんな演歌歌手いるわ(笑)。なべしょが三味線か何かを弾いてる1コマは、このヘアセットで正解なのか、それとも単なる寝癖なのか……。これがもしプロのセットだとしたら、ヘアメイクを訴えていいレベルでしょ。髪形に納得いってないから、こんな不機嫌な顔してるの……!? 正直、お客さんの前で見せちゃいけないぐらいの仏頂面じゃん!

C子 なべしょ、終演後に何を食べるか考えてるような、心ここにあらずな顔だね(笑)。11ページのラウールは、“子ども”っていう感想しかないわ。15年の上の写真、無邪気に走ってるところなんか、虫取り少年みたいだもん。でも、この子が5年で今のラウールになるって考えたらスゴいな~。今じゃ堂々とSnow Manのセンターを務めているんだから、ジャニーズって夢があるよね。

B美 12~13ページの阿部亮平&向井康二はそんなに変わらないよね。どちらも髪形が少し違うぐらい。14ページのダテ様は、マイクを持って白いスーツでピシッと立ってる10年の写真が演歌歌手みたい。ムード歌謡を歌うコーラスグループの一員にも見える。昔のSnow Manメンバーって、演歌歌手かホストっぽいかのどっちかなんだね(笑)。


Sexy Zone、菊池風磨×松島聡の「カレーエピソード」にほっこり

C子 36~47ページには、「Sexy Zone全なかよしコンビ大解明!」っていう特集もあるよ。松島聡くん、復活してよかったよね~!! 18年11月に突発性パニック障害の治療に専念するために活動休止し、今年8月に仕事復帰を発表。5人体制のシングル「NOT FOUND」(11月4日発売)もリリースしたし、ようやく本来のグループの形に戻れたよね。

B美 4人でも頑張っていたけど、やっぱり聡くんのちょっと天然なキャラクターって、大事だな~って感じたよ。これ見て驚いたんだけど、中島健人と佐藤勝利って、背丈がこんなに違かったんだ。たぶん、11年のデビュー当時の写真かな? でも、拳銃を持っている2人は、頭の位置がほぼ横並びになってるから、それだけ勝利が成長したってことか。

C子 38ページの菊池風磨とマリウス葉も、1枚目は風磨のほうが明らかに背が高いのに、隣の写真はマリウスがすっかり大きくなってる。成長具合が一目瞭然だから、「Jジェネ」の写真セレクトが素晴らしい。最年長と最年少コンビの中島×マリウスも身長差がハンパじゃないね。身長を調べてみると、マリウスが183cm、健人は176cmみたいだし、グループだとマリウスが最も高身長なのかな。

B美 ねえねえ、41ページに書いてある菊池×松島コンビの紹介文、「面倒見が良い菊池は、『夕ごはんは“あんまん”』という不健康な食生活を送っていた松島を自宅に招き、お手製のカレーを食べさせてあげたことも。一緒にごちそうになったマリウスは『風磨くんのカレー、すっごくおいしかった!』と明かしていましたが、それを聞いた菊池は『あれは松島のために作ったんだよ』とさらりとコメント」だって。なに、このかわいいエピソード!?

C子 え~、超いい話……! セクゾって、年上の“ふまけん”と、年下3人の関係性がそれぞれ魅力だよね。42ページ、薔薇を持った勝利×マリウスのデビュー当時のビジュアル、最高!! 異次元の美しさだわ。45ページの聡マリの絡みはもちろんかわいいし。そして、最後の菊池×中島コンビは見開きで、写真も多いね。

B美 トリを飾るだけあって、2人が揃うと本当に華やか。昔は“氷河期”といわれた時代もあるほど、あまりしゃべらなかったそうだけど、今ではすっかり仲良しじゃん。そこまでベタベタしないけど、不仲ではないっていう、適度な距離感がいいよね。全員が成人したし、今後はよりセクシーな一面も見られるのかな? 大人になった5人の活動が楽しみ~!!


Lil かんさいは「顔面」と「衣装」の成長に期待大!

C子 48~55ページは、これからどんどん成長していきそうな関西Jr.内ユニット・Lil かんさいを取り上げているよ。「Lil かんさい バックのお仕事頑張りました! なにわ男子 First Live Tour 2019 ~なにわと一緒に#アオハルしよ?~秘蔵ショット」だって。19年11月~20年1月に行われた、なにわ男子のツアーでバックダンサーを務めた時のステージフォトだね。

B美 51ページの嶋崎斗亜、笑顔がかわいくて癒やされる~!! 斗亜ちゃん、川島海荷と白洲迅がダブル主演を務める10月期の連続ドラマ『僕らは恋がヘタすぎる』(ABCテレビ/テレビ神奈川)に出演中なんだよね。世間に“見つかる”日が来るといいな。

C子 斗亜ちゃんって、ここ1年ぐらいでちょっと少年っぽさがなくなったけど、もう一回顔つきが変わりそうじゃない? 西村拓哉の場合は、SixTONESの大我と同じく、このままの路線で変わらなさそう。大西風雅は“毒舌キャラ”がいつの間にか定着したけど、笑顔がかわいいんだよね。53ページなんて、アイドルスマイルで踊っている写真が目を引くもん。

B美 毒舌キャラだからといってスカしているのではなく、ちゃんとアイドルらしいところも見せてくれるのはうれしいね。54ページの岡﨑彪太郎、ロングヘアーのカツラをかぶって「ピースして」と書かれたうちわを持っているのは、ファンに扮してるの!? あ、49ページだと斗亜ちゃん、當間琉巧の女装も写ってる。でも、彪太郎は黒髪ロングヘアーのカツラが妙にマッチしてるのか、“こういうファンいそう”っていうリアリティーがあるな(笑)。彪太郎も、あまり大きな変化はなく、歳を重ねていく気がする。

C子 琉巧は、今16歳か。きっと、また骨格が変化したり、もっとカッコよくなるんだろうなあ。全然話変わるんだけど、この琉巧が着てるTシャツ、めっちゃダサくない!? なんなら、ファンでも手作りできるクオリティーだよ。50ページを見ると、なにわ男子はメンバーカラーのTシャツだからかわいいのに、バックのLil かんさいが着てる白いTシャツだと、途端に安っぽくなる。

B美 確かに、Lil かんさいバージョンは、街中で500円のワゴンセールで売っていてもおかしくないデザインだわ(笑)。腕や首にペイズリー柄の青いバンダナを巻いてるのとかも、昔のジャニーズっぽいよね。最近、この手のバンダナをファッションに取り入れてる若者って、なかなかいないもん。

C子 衣装のセンスも含め、Lil かんさいの成長に期待ってことで(笑)。今号は、若手ジャニーズの成長をじっくり堪能できる内容だったね。“ジャニーズ史の教科書”的な意味で、ファンは必読だわ!





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!













人気記事