MCに向いてそうな若手ジャニーズトップ3発表!

「MCに向いてそうな若手ジャニーズ」トップ3発表! Snow Man・深澤とSixTONES・田中もランクイン

cvpiz7zccwy6qyoasb9.jpg

 ジャニーズJr.としての下積みを経て、続々とデビューが相次ぐ若手ジャニーズタレントたち。テレビ出演も増え、それぞれのトークの持ち味が徐々に見えてきたところだろう。そこで今回、「MCに向いてそうな若手ジャニーズ」をアンケート調査してみた。

 回答の選択肢は、ジャニーズWEST、King&Prince、Snow Man、SixTONESの全メンバー28名。これらから1人を選び、回答してもらった。(実施期間:2020年10月26日~2020年11月1日、回答数:4,908)


1位:桐山照史(ジャニーズWEST) 28%

 堂々の1位に輝いたのは、ジャニーズWESTの桐山照史。寄せられたファンのコメントを見ると“トーク内容の面白さ”だけでなく、“頭の回転の早さ”や“周りをよく見る目”を評価する声も集まっていた。

【投票コメント】

◎ラジオのメインパーソナリティも務めていて、回すのも上手いし、テレビではゴールデンの番組のMCも務めているから。

◎気配りができる。話がとてもじょうず。楽しい!

◎このラインナップなら照史一択です。頭の回転が早い、喋りも達者、照史しかいません。

◎場の空気をよめる。ツッコミもボケもできる。周りへの振り方も上手。

◎テンションが高くなんでもやってくれて優しそうだから! また好きだからw

◎機転がきく

◎トーク力があり、ボケもツッコミもできる人。周りをよく見ていて、気も遣えるのでほんっとうに向いてると思います!

◎頭の回転が早く、周りの方のコメントを引き出すのが上手い!

◎どんな人と会話しても笑いに持っていけるのがすごい!

◎笑い上戸で場が盛り上がる。決断が早いのでMC向き。


2位:田中樹(SixTONES) 21%

 惜しくも2位に甘んじたとはいえ、1,040票もの支持を集めたのがSixTONESの田中樹。個性派が揃うグループのまとめ役であり、そのスキルを生かしたMC力にも期待が高まっている。

【投票コメント】

◎あらゆる場面で難なくこなせそうだから。

◎スムーズな進行で、いつも楽しいので。

◎全員がボケまくるSixTONESをよくまとめてくれてるなと思う。司会していても安心してみていられる。

◎MCといえばどんなメンバーのわちゃわちゃも回しつくしてしまうこの人しかいない!

◎SixTONESのYouTubeで必ず進行役だしまわすのがうまい!

◎Jrの時から、まとめ役。他の人の発言を、上手に拾っているとおもう

◎癖強めのSixTONESをまとめているから。それだけど樹君もボケるからおもしろい。

◎トーク・MCでグループをまとめる力があるから。これはたぶんSixTONESという規模だけじゃなく、外仕事に出ても活躍できるスキルだと感じるから。


3位:深澤辰哉(Snow Man) 13%

 第3位にはSnow Manから深澤辰哉がランクイン。グループ最年長という立場からメンバーをまとめる実力派であり、YouTubeなどで見せるMCぶりを評価するファンも多い。

【投票コメント】

◎Jr歴が断トツで長く、YouTubeやJr番組などでのMC経験も豊富だから。

◎Snow ManのMC担だし、周りを良く見て発言したり、相槌打ったり間の取り方が上手だから。

◎ふざけも笑いも真面目もいろいろな面を持った人だから。

◎トークを回すのがうまい。やさしさが感じられる。

◎包容力と安定感があります

◎周りを見てないふりして すごく見ていて 相手に合わせた話の振り方も 相手の話を聞くこともできるので


≫≫生活が一変しました!!≪≪



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!















人気記事