関ジャニ∞「26歳を振り返る」感動企画

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)が10月5日に放送された。今回は、お笑い芸人やミュージシャン、野球選手など、さまざまなジャンルの有名人は26歳で“人生の転機”を迎えているという仮説をもとに、関ジャニ∞メンバーの26歳を振り返った。

kj8_180909.jpg

 まず、2007年に26歳だった横山裕は、同年にドラマ『拝啓、父上様』(フジテレビ系)に出演し、初のソロコンサート『横山YOUがヤっちゃいますコンサート』を開催。横山は「このソロコンサートを皮切りに3回やって、最終的に大阪城ホールに1人で立ったんですよ。それを亡くなる前のオカンに見てもらったのが、一番デカい」と、当時を振り返る。ソロコンサートを見せたことが「俺のラストの親孝行だったと思う」とも語り、26歳で人生に大きな転機があったことは間違いないよう。

 村上信五は翌08年に26歳を迎え、この年にセルフプロデュース舞台『未定「壱」』を開催。これがのちに、10年間続いた村上の1人舞台『If or・・・』へと進化していくが、村上はこの期間を「修行」とたとえ、「お客さんに鍛えてもらえたよね」としみじみ。1人舞台をやることで“MC力”が鍛えられ、現在の活躍につながったのだと感謝していた。

 丸山隆平は09年、安田章大は10年、そして大倉忠義は11年に26歳を迎えたが、11年は関ジャニ∞が初めて『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)のメインパーソナリティを務めるなど、グループとしても飛躍の年だったという。横山は「『24時間テレビ』、うれしかったわー。『やっとやー!』と思ったもん」と振り返り、丸山も「うれしかったね」と笑顔に。

 なお、メンバーがそれぞれ26歳を迎えた07〜11年の5年間は、関ジャニ∞の楽曲にも大きな変化があったという。04年のデビュー曲「浪花いろは節」から07年にリリースした6枚目のシングル「ズッコケ男道」まで、関ジャニ∞は全ての表題曲に「大阪」や「関西」を連想させるタイトルがついていたが、横山いわく、「全国で名を轟かせたいっていう思いが強かったから、『いつ大阪から離れますか?』って、ものすごいレコード会社と話してた」と、関西のワードを外したいと思っていたとか。

 さらに、07年に“ジャニーズ史上初”として行った『47都道府県ツアー』について、横山は「ぶっちゃけ、スケジュールが空いてたから」実現できたのだと告白。しかも、このツアー中に楽屋で『24時間テレビ』をメンバー全員で見ていたらしく、「タッキー&翼がたしかパーソナリティで、そのバックにKAT-TUNが出てたのよ」(横山)「そうそう。『クソー!』ってなったでしょ?」(安田)「俺らもテレビ出たいな、って言ってたの覚えてるのよ」(横山)「毎年俺たちじゃなくて、なんでやねん、なんでやねん言うて……」(村上)と、グループが活躍できなかった悔しい思いを続々と吐露。

 しかし横山は、「このライブのおかげで俺たち、ものすごく強なった」と実感しているそうで、最後には「なんか、いろんなことがあったな。ちょっとの酒あったら泣いてるぞ。微量の酒で泣けるわ、俺」と、関ジャニ∞の歴史に目を潤ませたのだった。

 この放送にネット上では、「ファンもシラフで泣けるやつだったね。関ジャニ∞、本当によく頑張ってきたよ!」「『クロニクルF』見てたけど、我慢できずに泣いてしまった」「悔しさをバネにして一つずつ夢を叶えていく関ジャニ∞。そんな彼らだからこそ、ずっと応援していることを再確認した」といった、熱いコメントが寄せられていた。





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


lp16.png



















人気記事