KAT-TUN・亀梨和也『事故物件 恐い間取り』、「トンデモ映画」と酷評も……初登場1位にジャニーズサイドは一安心?

 KAT-TUN・亀梨和也が主演を務める映画『事故物件 恐い間取り』が8月28日に公開され、興行通信社による同週末(29、30日)の映画ランキングで初登場1位を獲得。ネットユーザーの評価は“微妙”だが、業界関係者は「ジャニーズ事務所側は、現状に一安心していることだろう」と指摘する。

20200902-00018771-jprime-000-5-view.jpg

「同映画は、“事故物件住みます芸人”こと松原タニシが実体験をまとめたノンフィクション『事故物件怪談 恐い間取り』(二見書房)を映画化。『リング』シリーズや『スマホを落としただけなのに』シリーズで知られるホラー映画の巨匠・中田秀夫氏が監督を務め、亀梨は、家賃の安さとテレビ出演のために“殺人事件が起きた物件”に引っ越す売れない芸人・山野ヤマメを演じています」(映画誌ライター)

 出演者にはそのほか、ブレーク中の女優・奈緒、女優・山本美月と結婚を発表したばかりの人気俳優・瀬戸康史、現在放送中の連続ドラマ『半沢直樹』(TBS系)でも注目を集める実力派女優・江口のりこらが名を連ねている。

「ランキングでは、ファミリー向けの夏休み映画『映画ドラえもん のび太の新恐竜』や、菅田将暉と小松菜奈がダブル主演を務め、前週の首位を獲得した『糸』を抑え、第1位に輝きました。初日から3日間の累計では観客動員が34万3,000人、興行収入は4億6500万円を超える好調な滑り出しとなったようです」(同)

 一方で、同作を鑑賞したネットユーザーたちの感想を見てみると、「演出はさすが、と思ったけど、ホラー映画としては中途半端かなぁ……」「原作は怖くて面白かったのに、映画はなんかドタバタ、ごちゃごちゃしてた」「ホラー映画を見に行ったつもりが、後半は笑えてしまった」「ノンフィクションをもとに、かなり脚色してるんだよね? そう思わされるくらいの“トンデモ映画”だった」などと反応はイマイチ。「Yahoo!映画」のレビューでは2.90点と低評価だ。(9月4日現在)。

「それでもジャニーズサイドは、初週の動員や興収が順調だったことでホッとしていることでしょう。というのも、亀梨は8月7日にニュースサイト『文春オンライン』で、山下智久とともに未成年女性と飲酒していたことが報じられています。未成年女性の1人を“お持ち帰り”したことも発覚した山下は、一定期間の芸能活動自粛が発表されましたが、散会後、まっすぐ帰路に就いた亀梨は、映画公開直前ということもあって、プロモーションを優先するためにも厳重注意処分にとどめられていました。それだけに、映画がコケては目も当てられなかったはず。初週第1位の好スタートには、関係者一同、胸をなでおろしていることでしょう」(スポーツ紙記者)

 興行的には成功したともいえる『事故物件 恐い間取り』だが、亀梨本人は、微妙な口コミをどう思っているのか、気になるところだ。


≫≫初めて成功を味わえました!!≪≪



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


mailtalk.jpg













人気記事