手越祐也、“手越村”協力者に元TOKIO・山口達也を指名! 「勝手に巻き込むな」「妄想やめろ!」と批判続出

w.jpg


 今年6月にジャニーズ事務所を退所した、元NEWS・手越祐也。初の著書『AVALANCHE~雪崩~』(双葉社)の発売前日である8月4日には、自身のTwitterで「明日のAM11:00より出版緊急記者会見を開催します。そちらで、メディアの方も呼んで本についての質問などもお答えしていきます」と告知するも、ネット上では「話題づくりに必死」などと厳しい声が続出。5日の出版会見で語った内容についても、「ただの自己中」「他人を巻き込むな」と批判が噴出している。

「同書で手越は、ジャニーズ事務所に所属していた18年間の活動を振り返ったほか、初恋や芸能人との恋愛、自身の結婚観、世界進出の夢などを赤裸々に綴っているとか。出版会見で『“賛”より“否”の反応が多く来るのは覚悟しているし、間違いなく総バッシングされると思っている』と心境を明かしながら、『真実を闇に葬ったままセカンドキャリアに行っていいのかなと思った』『ちゃんと自分の口で真実を語りたい。真っ直ぐなものを伝えたい』と、出版に至った経緯を語りました」(芸能ライター)

 なお、同書にはジャニーズタレントや元NEWSメンバー、過去に手越との熱愛や交際が報じられた女性芸能人らが実名で登場しているため、「暴露本」との向きもあるが、本人はこれを否定。「過去の恋人の実名などは、一切出してないです」と、同書に名前のある女性芸能人とは交際しておらず、友人関係だったと主張した。

「実名を挙げた理由については、『僕のせいで嫌な思いをしてしまった、巻き込んでしまったってところに申し訳なさを感じてた』『真実ではない誇張された内容を書かれたまま、相手に迷惑をかけちゃったってところを訂正せずには、第2の人生にいけなかった』とも説明していました。しかし、会見を見ていたネットユーザーからは、『ただ手越がスッキリするためだけの暴露本じゃん』『名前を出された相手にとっては迷惑でしかない』『自由と自己中をはき違えてる』とバッシングが集まっています」(同)

 会見ではさらに、農業園「手越村」の構想についても明かされ、手越は同書でも名前を挙げている、元TOKIOの山口達也を協力者として迎え入れたいとも語ったのだが……。

「記者から『山口さんが何ておっしゃっているのか? 話し合ったことを教えてください』と質問されると、手越は『僕自身、連絡先がつながってたりするわけではないので。あくまでも、僕が将来農業に関わっていけるのであれば、自分じゃ力不足だから、人間としても大好きだし事務所の大先輩としても大好きだった山口くんのお力をお借りしたい』とコメント。あくまで手越の“願望”であり、山口と具体的な話をしたわけではないそうです。手越は『夢を語るのは自由』とあっけらかんとしていましたが、ネット上では『本人の了承もなく名前を出すな!』『自分の妄想で関係ない人を振り回すのはやめろ』『話し合ってもないのに名前出すとか、自分勝手すぎ』と怒りの声も多く見受けられます」(同)

 というのも、TOKIOは長瀬智也が来年3月いっぱいで事務所を退所し、残る3人でジャニーズの子会社となる「株式会社TOKIO」を設立すると発表。一部では、「いずれ山口も合流するのでは?」ともささやかれているだけに、特にTOKIOファンからは「手越が手を差し伸べなくても、仲間がちゃんといる」「山口くんを巻き込むな!」と強い反発の声が上がっている。

 「相手に迷惑をかけたくない」と言いながら、著書で名前を出した揚げ句、許可をとらないまま勝手な妄想に巻き込んだ手越。名前を出された芸能人たちは、今一体どんな気持ちなのだろうか……。


≫≫初めて成功を味わえました!!≪≪



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


















人気記事