手越祐也のランボルギーニ愛車自慢、「初歩的な基本」を間違え赤っ恥状態!

 元NEWSの手越祐也が7月27日、4000万円のスーパーカーを自身のYouTubeチャンネルで公開した。「【愛車公開】大スター手越祐也が愛車でドライブしてみた」と題した動画にて、現金一括払いで購入したという「ランボルギーニ・ウルス」を披露したもの。

20200729_asagei_tegoshi-250x250.jpg

 このウルスは新車で約2800万円、各種のオプションを装着すると3300万円を超えるという超高級車。しかも手越はエアスポイラーやマフラーといった後付けパーツで自分なりのこだわり改造を施しており、総額は4000万円に膨れ上がったという。

 動画の終盤では「男ならやっぱ車って良くない?ってオレは思う」と語り、「手越祐也、実は車にだけはこだわりがあったっていうものを紹介してもらいました」と、締めくくっていた。

 しかし、車好きをアピールしたわりには、ランボルギーニ好きなら誰もが知っているであろう基本的なポイントを間違えており、赤っ恥をかいた形になっているというのだ。

「手越は冒頭、『車種はランボルギーニ・ウルスっていう、ランボルギーニの初の四駆で出た車』と説明。ここで多くの車好きが《えっ!》《それ違くね?》と思わず声を出したことでしょう。ランボルギーニでは数々の四輪駆動モデルをリリースしており、いわゆるスーパーカーでは1993年の『ディアブロVT』が初の四駆。2001年発売の『ムルシエラゴ』から後継モデルの『ガヤルド』、そして現役モデルの『ウラカン』では四駆オンリーのラインアップとなっているのです」(自動車ライター)

 ランボルギーニでは四駆が標準というのは、自動車好きの間ではおなじみの話。車好きを自称する手越がそんな初歩的な知識すら知らないとは驚きだが…。
「もしかしたら手越は、ウルスのことを『ランボルギーニで初のSUV』と説明すべきところを、口が滑って“四駆”と言ってしまったのかもしれません。台本なしでしゃべっていれば、この手の単純ミスは誰にでもあるもの。しかしそんなミスには動画の編集スタッフが気づくべきでしょう。たとえスタッフに車の知識がなかったとしても『○○で初めて』といった表現にはファクトチェックを入れるのが編集作業での基本。しかしYouTube動画の編集者には、出版業界や放送業界では当たり前の作業が身についていないのかもしれません」(前出・自動車ライター)

 せっかくの愛車紹介にケチのついてしまった手越。ランボルギーニ好きからの「トランクにビニール傘を入れておくのは貧乏くさい」との指摘もあったが、影響力のある存在だけに、事実関係のチェックにも気を配って頑張っていただきたいものだ。
(金田麻有)


≫≫やっと本物に出会えました!≪≪



☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


2.jpg










人気記事