King&Prince・平野紫耀の髪が大爆発、『Endless SHOCK』は“新顔”に困惑!? ジャニーズ仰天写真

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

B美……永遠の29歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳 デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルは若い子。

B美 King&Princeのニューシングル「Mazy Night」の発売日が変更になっちゃったね。当初は4月29日リリースだったけど、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、5月27日になった、と。平野紫耀とSexy Zone・中島健人がダブル主演を務めるドラマ『未満警察ミッドナイトランナー』(日本テレビ系)の主題歌だけど、この作品自体も、撮影がストップしてるしね。ドラマのスタートを楽しみにしてたんだけどな~。

C子 そんな時にジャニーズファンの心の隙間が埋めてくれるのが、「J-GENERATION」2020年5月号(鹿砦社)だよ!! 表紙もキンプリで、巻頭特集は「King & Prince スペシャルフォトギャラリー 4 Faces」と題して、「Cool」「Sexy」「Sweet」「Smile」な表情をピックアップしてるの。程よく鍛えられた上半身の筋肉や、キラキラした王子様ふうの衣装まで、いろんな着こなしも楽しめるよ。

B美 しかも、ちゃんと病気療養中の岩橋玄樹もいるじゃん! これはファンにとってうれしい特集だね。岩橋くんって、ちょっと中性的な可愛らしい笑顔が特徴だけど、「Cool」がテーマの2ページ目なんて、めちゃめちゃカッコいい。足を組んで王様の椅子に座ってる姿は、「玄樹くん」っていうより、「玄樹さま」って呼びたくなるもん。ちょっと薄目で会場のファンを見つめてるのもいいね。これは、“オス”って感じ。

C子 3ページは平野&永瀬廉、岩橋&神宮寺勇太のツーショットを使ってて、ファンのツボをおさえてるな~と思った。これは、デビュー前の2017年に上演された舞台『JOHNNYS’ YOU&ME IsLAND』の写真かな。後ろにジャニーズJr.内ユニット・HiHi Jetsの井上瑞稀、美 少年・藤井直樹も写ってる。次ページの「Sexy」は、シャツがはだけて上半身があらわに……。

B美 あらら、4~5ページの平野のヘアスタイルがスゴい(笑)。前髪やサイドの髪の毛が全部上にあがって、内側の刈り上げ部分と、ストレートな髪の境目がはっきり見える。たぶん、衣装からして「Bounce To Night」のパフォーマンス中だと思うけど、演出で風を受けるから、しゃがんでる平野はこうなっちゃったんだろうな。ヤンキーギャグ漫画『今日から俺は!!』(小学館)の世界とか、『SLAM DUNK』(集英社)に出てくる福田吉兆みたい。

C子 渋いキャラ出してくるね(笑)。同じく低い姿勢の岩橋くんも、ちょっとだけ髪が乱れてるけど、平野ほどじゃないかな。岩橋くん、肩を露出してて、テーマ通りセクシーだわ。でも、6ページの「Sweet」な写真とかは、岩橋くんみたいな子が映えるね。やっぱりかわいいもん。18~19ページは岩橋くんのソロ写真で、これまたキュートなのよ。メンバーカラーがピンクっていうのもあって、華やかだよね。

B美 「Smile」の2枚なんて、もはや女性アイドルみたいな愛くるしさじゃん。こうやって、あらためてキンプリの6人を見ると、岩橋くんのキャラクターやポジションって大事だな~って思った。メンバーのバランスもいいし、アイドル全開の岩橋くんはグループにとって、貴重な存在だよ。

C子 この「Jジェネ」5月号には、嵐とキンプリの両面ポスターも付いてるんだよ。キンプリは岩橋くん以外の5人なんだけど、コンサート中の自然な笑顔が素敵。正直、ここにも岩橋くんがいてほしいね。また6人で活動するところ、見たくなっちゃったな〜。


“往年の光GENJI”と化した草間リチャード敬太

B美 関西Jr.のAぇ! groupの特集もあるんだ。関西Jr.のコンサートや舞台のレポートはあっても、「Jジェネ」でAぇ! group単体を取り上げるって、珍しいよね。デビュー組だけでなく、若手グループにも目をつけるあたり、さすが「Jジェネ」だわ!

C子 これは、昨年8月の『ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~』のフォトレポートだね。末澤誠也、正門良規のソロページに続いて、草間リチャード敬太のページを見たら、ついつい吹き出しちゃったよ。50ページの右下、往年の光GENJIを再現したようなGジャンの半袖&短パンにハチマキ姿で、ローラースケートを履いている写真、最高じゃん!

B美 ほかの3枚は、普通に歌唱中の場面だと思うんだけど、1枚だけバラエティ色が強いな(笑)。しかも、このローラースケートの隣の写真、廊下に立たされた学生みたいな、神妙な顔だね。ローラースケートの写真と雰囲気が変わりすぎ。時系列がわからないけど、ローラーの戯れシーンで、何か反省点でもあったのかな。

C子 ホントだ。2枚の表情の対比がスゴい(笑)。あと、ここに書いてあるけど、Aぇ! groupってバンドスタイルもやるんだよね。リチャードの担当楽器はサックスなのか~。ネットで「リチャード サックス」と検索したら、プロのサックス奏者みたいな写真が出てきた! なんなら、どこかのジャズバーとかで演奏してそう。貫禄ありすぎでしょ。あれ? 52ページの福本大晴もリチャードと同じ光GENJI風の衣装を着てるね。でも……この写真、なにわ男子の藤原丈一郎に似てない!?

B美 ホントだ~。ちょっと躍動感ある写真だから、顔の判別が難しいけど。丈一郎に見えなくもないね。……とあるコンサートレポートを見たら、このローラースケート選抜には、大晴の名前が載ってないぞ。真相はどうなんだろう? というか、それだけ2人は似てるのかもね(笑)。


紆余曲折を乗り越えた、内博貴の“謎特集”

C子 Aぇ! groupの次は何の企画かな~ってページをめくったら、なんとビックリ!! このタイミングでまさかの内博貴をフィーチャーしてる(笑)。「内博貴 2009・2011 年プレイバック」だって。ある意味、マニアックな人物を攻めてくるのが「Jジェネ」ならではだよね。突然すぎる特集だけど、最近の内くんって、何かトピックあったっけ?

B美 えーっと、ジャニーズ公式サイト・Johnny’s netを見ると、舞台『あい―永遠に在り』に出演するって記載がある。でも、これも新型コロナウイルスの影響で、公演中止になったんだ。ちょっと~!! ほかに誰が出てるのか調べようと、主催の松竹のサイトを見たら、演歌歌手・石川さゆりがメインの舞台だって! 『歌芝居2020 石川さゆり』って書いてあるし。

C子 内くん、こういう舞台もやってるんだ~! しかも、時代劇なんだね。内くんは、NEWSと関ジャニ∞メンバーだった18歳の時に、未成年飲酒騒動でしばらく活動を自粛していたじゃん。「Jジェネ」の54ページに、「紆余曲折の道のりを、なつかしい秘蔵ショットとともに振り返ってみました」と企画趣旨が載ってるけど。あの不祥事や、つらい時期を乗り越えた先が『歌芝居2020 石川さゆり』って……どうなの?

B美 いやいや、何言ってんのよ。石川さゆりの相手役は、名誉なことでしょ! もう33歳になったんだし、こういう大物が揃う渋い舞台にも抜てきされる年齢になったんだよ。ただ、「Jジェネ」は、バリバリのアイドル時代が見られるっていうのがうれしいね。

C子 ソロで活動を始めた後のコンサートの写真か。関西Jr.出身ということもあって、衣装がとにかく派手だね。特に55~56ページなんか、ギラギラ、装飾品モリモリ、とりあえず身につけられるだけ重ねてます! みたいな感じ(笑)。

B美 内くん、去年の冬に単独コンサートの『Winter Paradise 2019 ~ふゆパラ~』を開催していたけど、しばらくはこんなギラギラ衣装は見られなくなっちゃうのかな? 今号は、内ファンにとって永久保存版かもね。


『Endless SHOCK』は“元子役”が大活躍!?

C子 74~81ページは、KinKi Kids・堂本光一主演ミュージカル『Endless SHOCK』のレポートだ。今年の東京・帝国劇場公演は、2月4日に初日を迎えたものの、同28日から中止になっちゃったよね。ライバル役がKAT-TUN・上田竜也に変わって、好評だったんでしょ? 期間中に見に行けなかったファンには、ありがたいレポートだと思う。

B美 74~78ページは、光一さんと上田を取り上げてるね。2人とも、もともとのビジュアルが完成されているのはもちろんのこと、どの写真も写りがいいわ~。役に入り込んでいるシーンでも、変顔がないもん。

C子 ところで、この80ページの「椿泰我」っていうのは、どなた様? これもJr.の子だよね? 寺西拓人は4年目で、この椿と、松井奏、高田翔は『SHOCK』初出演って書いてある。あと、「椿の両親は光一と同年代らしく、光一のことを『パパ』と呼び、『パパと一緒に70公演頑張ります』とあいさつしていました」だって。『SHOCK』って、もうそんなに光一さんと年齢の離れた子が選ばれるようになったんだ。

B美 私もあんまりグループ無所属のJr.のことは詳しくないんだけど、NEWSのコンサートや、『滝沢歌舞伎』とかでよく名前を聞く子かな。個人的には、Jr.の新藤樹力に顔つきが似ていて、どちらもハリセンボン・近藤春菜っぽさがあると思ってた。

C子 Wikipediaを見たら、椿くんって元子役なんだ! 「2004年、NHK朝の連続テレビ小説『天花』で芸能界デビュー」だって。子役として、ドラマや映画に出た後にJr.に入ったんだ。

B美 それは知らなかったなぁ~。私が思い浮かぶのは、Snow Man・向井康二と仲が良いってエピソードかな。「Duet」2019年11月号(ホーム社)で、Snow Man・目黒蓮が「初めて康二の家に行ったよ」「ビビったのが、椿が康二の身のまわりのことを全部やるの! 仲がいいのは知ってるけど、椿が康二んちの洗濯物を取り込んで、ソファーに座ってたたみ始めた時はビックリした」と暴露して、ファンも驚いてた。ラウールがコンサートのMCで明かしたところによれば、椿くんは康二の家の合鍵も持っているらしい。

C子 ずいぶんと世話焼きな子なんだね(笑)。今後はそのエピソードも頭の片隅に入れつつ、注目してみようっと。ところで、81ページの高田は何をしている場面なのかな? 上の写真は、笑顔がかわいいのに、下はなんともマヌケなポーズなのよ。

B美 なんか無性に面白い写真だね。衣装は漫才師風、顔はちょっと陽気、下半身は「慌てて走りに行きます」みたいな……アンバランスで、不思議な感じ。

C子 高田って、存在がそもそも異質だよね。いつまでも野暮ったくて、垢抜けないというか。今ふと思ったけど、長い人生の中で、こんなに高田について考えたことがなかったわ。これも『SHOCK』出演効果だね。

B美 そういや高田も、入所前に劇団四季に所属していて、元子役なんだよね。俳優業が中心だったけど、ミュージカルでも輝きそう。初参加の今年は、千秋楽まで完遂できずに中止になっちゃったから、またキャストに選ばれるといいね!





☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


≫≫こんな時期だから在宅で稼ぎたい!≪≪

























人気記事