SixTONES 表紙『anan』異例の重版決定 完売店が続出で追加注文殺到

 ジャニーズJr.内人気グループのSixTONESが表紙を飾った、27日発売の女性グラビア週刊誌『anan』2145号の完売店が続出し、週刊誌としては異例の重版が決定した。29日、マガジンハウスが発表した。デビュー前のジャニーズJr.としては初の快挙となる。

db926_760_2132537_20190316_162940_size640wh_5347.jpg
an・an (アン・アン) 2019年 4月 3日号 / an・an編集部 【雑誌】

 週刊誌という発行サイクルでの重版は異例。創刊から49年間の歴史で、過去の重版は、2010年に発売された、嵐・櫻井翔の表紙『オトコノカラダ』(1693号、2010年1月27日発売)、King &Princeが、デビュー日に表紙を飾った『最強の出会い』(2103号、2018年 5月23日発売)以来、3度目となる。

 YouTubeで専門チャンネル開設、単独アリーナコンサートはたちまちソールドアウトの超プラチナなど、“第2期黄金期”と評されるほど勢いが増すジャニーズ Jr.のなかでも、2018年日本人初の『YouTube アーティストプロモ』キャンペーンに抜てきされ、滝沢秀明さんが初めてMVを手がけたことでも話題になった同グループ。

 迫力のあるパフォーマンス、そしてYouTubeでみせる素顔とのギャップが魅力だ。現在はメインキャストとして参加したジャニー喜多川氏の初の製作総指揮『映画 少年たち』が、きょう29日に公開した。

 映画公開直前の27日発売号の表紙を飾った『anan』は、予想以上の売行きをみせ、品切れ書店が多数発生し、書店やネット書店からの追加注文が殺到。そのため、1週間と販売期間の短い週刊誌では異例の重版が決まったという。

 そんな彼らが今回、登場するのは『色気の法則』特集。現代における色気のあり方、磨き方を考察していく今回の特集で、彼らは「色気のかたまり。」と題したグラビアに挑戦。ギャップ、振る舞い、知性などメンバーそれぞれが思う、色気の形を表現。野性的で妖艶でスタイリッシュな仕上がりとなった。そしてインタビューでは、それぞれの色気について語るだけでなく、メンバー同士での息の合ったトークなど12ページに渡って展開される。






☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!





















人気記事