Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、『めざまし』冠コーナーが終了!? メンバーに“乗っ取られる”結末に

 Hey!Say!JUMP・伊野尾慧が木曜レギュラーを務める情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)が、3月28日に放送された。

imgrc0068137301.jpg
かわいいからって許されると思うなよ! 許したけど!

 この日放送された伊野尾の担当コーナー「イノ調」では、“ものまね”が空前の大ブームになっているということで、全国243人のものまね芸人を調査。ローカル芸人から、テレビ等で活躍する芸人まで紹介され、伊野尾自らものまねブームを分析。さらに、ものまね界の重鎮・コロッケを解説に迎え、おもしろくまねをするためのコツを伝授した。

 そんな中、「昨今のものまねブームがアイドルにまで波及」として、Hey!Say!JUMP・高木雄也が「イノ調」に登場。高木といえば、“武田鉄矢ものまね”を得意としており、バラエティ番組などでたびたび披露している。高木の“武田鉄矢ものまね”VTRを見たコロッケは、「声意外と似てるじゃん」と絶賛した一方、「ただ、面白みはなにもないよね」とバッサリ。そして、具体的なアドバイスと実演を見せた。

 伊野尾はコロッケのアドバイスを伝えるため、高木のもとへ。早速練習しようとするも、伊野尾の方が「僕は!」「僕は死にましぇん!」と張り切っており、思わず高木が「静かにしてもらっていい!? あれ、俺へのアドバイスなの! 伊野尾くんへのアドバイスじゃないの!」とツッコミ。

 そして、スタッフから小道具としてマイクを渡された高木は、「やった~!」と歓喜。というのも、マイクには「イノ調」ならぬ「タカ調」と書かれ、ご丁寧にタイトルロゴまでついていたのだ。これまで、JUMPメンバーがゲスト登場するたびに「ヤマ調(山田涼介)」「オカ調(岡本圭人)」「アリ調(有岡大貴)」「チネ調(知念侑李)」と新しいマイクが作られており、伊野尾はまたもやコーナーを“乗っ取られた”形に。そのため、伊野尾は「なんでもかんでも作ればいいって話じゃないのよ!」と嘆いたのだった。

 一方、突如冠コーナーを持った高木は、調子に乗って「4月から毎週木曜日『タカ調』がスタートします。みなさま、お楽しみに~」と武田のものまねで宣伝。これに焦った伊野尾は「ものまねのクオリティは上がってる! それはすばらしいんだけど……」と言いつつ、「『イノ調』は終わりましぇ~ん!」「『イノ調』のことが好きだから~!」と高木に対抗して武田のものまねを披露。しかし、クオリティは高木の足元にも及ばず、残念な仕上がりになっていた。

 この日の放送に視聴者からは、「高木くん、本当にものまねのクオリティ高い! 爆笑したわ~!」「伊野尾くんも高木くんを見習って、ものまねもうちょっと頑張ろう(笑)」「高木さんめっちゃ似てたけど、伊野尾くんの全然似てないものまねも最高だった」という声が集まった。
(福田マリ)




☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!


































人気記事