ジャニーズ『カウコン』衝撃写真

タッキー&翼「最後の握手」、マリウス「転落の瞬間」! ジャニーズ『カウコン』衝撃写真

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!



B美:29歳 人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子:37歳 デビュー組からJr.に降りた月刊誌編集者。いまは美 少年・金指一世がお気に入り。


C子 風間俊介に3歳になる息子がいたことが「週刊女性」(主婦と生活社、2月26日号)の報道で明らかになったね。子どもがいたと聞いても何の驚きもなく、結構すんなり受け入れられたなぁ。かざぽんのパパ姿、想像してもそんなに違和感がないし。

B美 2013年5月に一般女性との結婚を発表した時も、やっぱりV6メンバーとかの結婚よりも騒ぎにはならなかったもんね。そりゃ、風間くんにだって、悲しむファンの人たちもいるだろうけど。そういえば、風間くんって東京ディズニーリゾート好きで有名だよね。実は一般人に紛れて、もう何度も子連れで行ってたりして。それにしても、仲の良い嵐・相葉雅紀とか関係者の口から、よくこれまで漏れなかったなぁ。

C子 16年頃に生まれたなら、TOKIO・国分太一の長女とタメぐらいかな? 小学校に上がったりしたら、いよいよ隠し通せなくなるだろうし、発覚は良いタイミングだったのかもね。かざぽんといえば、伝説のユニット「FOUR TOPS」として、『ジャニーズカウントダウン2018-2019』でタッキー&翼のバックダンサーを務めたよね。

B美 風間くんに生田斗真、山下智久、そしてドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)でお馴染みの長谷川純の4人ね。なかなか公の場で勢揃いする姿は見られないから、懐かしかったわ~。「J-GENERATION」(鹿砦社)2019年3月号の『カウコン』レポートでも、彼らの勇姿が確認できたよ。ほら、表紙からジャニーズタレント大集合の写真を使っていて、良い眺めだわ~。欲を言えば、これをポスターにしてほしかった。

C子 花束を持ったタキツバを中心に、嵐やV6、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2とかジャニーズファミリーが記念写真を撮った時の1コマだろうね。華やかで素敵! 特集は、ジャニーズWEST、A.B.C-Z、ジャニーズJr.の写真から始まって……って、ちょっと!! 7ページの写真何? Sexy Zone・マリウス葉が「Sexy Zone」を歌唱中にステージから転落した場面を激写して、バッチリと載せてる! わざわざ別枠で小さな写真が挿入されてるから、一体何かと思った。

B美 おぉ~、ライトに手をかけて落ちないように踏ん張ってるところかな? なんか、生々しい……。直前まで、こんなキラキラ笑顔で踊ってたのにね。正直言って、今年の年越しの瞬間はマリウスのことが心配で、それどころじゃなかったよ。

C子 途中で出てきてくれたから良かったけど、もし命にかかわるような怪我をしていたら……と思うと、カウントダウンの気分じゃなかったよね!! 元旦から「Show must go on」の精神を感じたよ。あ、9ページにハセジュンがいるね。上の写真、衣装の袖口が気になってるのか、KAT-TUNと司会の太一、V6・井ノ原快彦のトークに集中してない感じ。こういうアイドル的な衣装が着慣れないのかな?


どれも割烹「おかくら」の板前に見えるよ

B美 FOUR TOPSはみんな白い衣装で統一してて、着こなし方を変えて違いを出してるんだけど、個人的にはハセジュンの首元に注目しちゃった。3人と差を出すためか、謎の白いスカーフみたいのを首に巻いてるの。1人だけ足首も露出してるし。『渡鬼』は不定期でスペシャルドラマをやるぐらいだし、稼働率が少なすぎだよね。この間ゲスト出演した『有吉ゼミ』(日本テレビ系、2月4日放送)で、激辛料理に悪戦苦闘してたんだけど、今後はバラエティにも進出していったりして。

C子 ごめん……どの写真見ても割烹「おかくら」の板前役を思い出しちゃうよ。割烹着が白だしさ(笑)。全然話飛ぶけど、12ページのKing&Prince・岸優太を見てよ~! ステージの盛り上がりからして、たぶん年越しの瞬間だと思うんだけど、ものスゴく楽しそうじゃない? こっちはマリウスの落下でそれどころじゃなかったのにさ。

B美 私が気になったのは16ページ。少年隊の「ブギウギ・キャット」を、東山紀之とJr.のSixTONES、Snow Man、Travis Japanがパフォーマンスして、関ジャニ∞・安田章大とジャニーズWEST・神山智洋がギターで参加してるやつ。下の写真、ギター組の2人は目を合わせて“セッションしてます”って感じなのに、真ん中のヒガシは自分のダンスに夢中に見える。ここだけ見たら、ヒガシと安田&神山は全然融合してないの。

C子 ヒガシは我が道を行くって雰囲気だね(笑)。一方で、18ページの年男ユニット「イノシシナイン」の、わちゃわちゃぶりが可愛いよ。特に岸くんのこの満面の笑み見てよ~。『紅白歌合戦』初出場の重圧から逃れて、心から楽しんでいるのかな。

B美 KAT-TUN・上田竜也が頑としてつけなかったイノシシのカチューシャみたいなやつ、めっちゃキュートだよね。当日、司会の太一に「なんでつけなかったの?」と聞かれた時は、「忘れたんです」と弁解してたらしい。でも、情報番組『バゲット』(日本テレビ系、1月21日放送)に出た時、ジャニーズファンの青木源太アナにこの件について質問されたら、「いや、あんなもんつけてらんないッスよ」と、暴言吐いてたよ。昔の「妖精が見えるキャラ」の頃だったら、喜んでつけてただろうに……。

C子 近年はイカツイ系のキャラが定着してるけど、男らしい言動の上田がたまにこういう可愛い被り物とかをすれば、ギャップ萌えでさらにファンが増えそうなのにね~。そういうところが不器用なんだよなぁ。ところで19ページの国分さん、見てよ(笑)。因縁のV6・森田剛と肩組もうと必死な顔してる。ほら、上の写真で無理やり肩に手伸ばして、「今、剛と密着してるよ!」とアピールするような表情だもん。

B美 剛くんって、太一との電話番号の交換を断わり続けてて、共演する度に“不仲設定”のトークがあるよね。ホント、上の写真は“これぞ太一”みたいな悪巧み顔で、剛くんは若干顔が引きつっちゃってんじゃん。結果、下の写真では肩を組んでHey!Say!JUMP・知念侑李たちとTOKIOの「花唄」を合唱してるけど、うれしそうな太一とは対照的に、剛くんはマイクも持たずに歌うことを放棄……。あ~あ、太一のせいでゴキゲンな「花唄」すら歌うモードじゃなくなっちゃったのかな~。

C子 確かに、よく見ると剛くんはマイク持ってないね。それどころか、全員での肩組みショットは「あぁ~、早く帰りたい」みたいな表情(笑)。そして、タキツバのラストステージということもあって、マッチこと近藤真彦も駆けつけたね。21ページはV6・岡田准一、Hey!Say!JUMP・薮宏太、Kis-My-Ft2・二階堂高嗣、Sexy Zone・佐藤勝利と一緒に「ミッドナイト・シャッフル」歌ったところが載ってる。なんかやっぱり、マッチはヒガシと違って“借り出されてきた感”があるね。21ページ下の写真なんて、若者に囲まれるとオジさんっぽさが目立つし。

B美 22~23ページは関ジャニ∞15周年メドレーとフジテレビ系での生中継後のステージの様子が掲載されてる。丸山隆平が一発ギャグでスベってるところ、シュールな写真だね。「Jジェネ」は、こういう放送後のカットが見れてうれしいよ。

C子 丸ちゃんのギャグ中、後ろのHey!Say!JUMP・山田涼介は顔が引きつってるね。中島裕翔も可哀想な人を憐れむような目だよ……。やっぱ、こうやってトーク中の模様を見ると、V6がいる『カウコン』っていいな~って思わない? イノッチがマイク持ってると、落ち着くよ。ただ、イノッチは11ページで1人だけちょっと間抜けなスタイルになっちゃってるけど。

B美 26~28ページのタキツバのステージは、今見てもグッと来るものがある。今井翼が胸に手を当てて構えているところ、2人が握手するシーンとか、いい写真使ってるわ~。ちょっと、後ろのSixTONES・松村北斗の目つきが鋭い点は気になるけどね。みんな、スタンバイ中で下を向いているのに、1人だけ翼を睨むような格好になってる。「歴史的な瞬間を見逃すまい!」と思った顔が、こうなったのかな……。

C子 ちょっとちょっと、27ページ上のSnow Man・佐久間大介、二重あごになっててちょっとおもしろくない? ものまねタレントの原口あきまさみたい(笑)。


“山Pは人類のキセキ”と言われているだけある

B美 ちょっと!! 30ページのKinKi Kids・堂本剛、“天に召された人”みたいじゃない!? 本人は耳の影響で東京ドームには来られなかったけど、堂本光一が剛の顔写真がプリントされたジャケットを着て登場したんだよね。それが後ろのモニターに映ってて、ちょうど集合写真の背後に見えるもんだから、卒業アルバムで“不登校だった人”っぽくなっちゃった。初演の『JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールド-』で、「Let’s go to earth」の時に流れてた映像と同じテイスト。

C子 懐かしい(笑)! 宇宙空間みたいな背景をバックに、出演者じゃないKAT-TUN・亀梨和也とかが歌ってる時だよね? 確かに、このどつよさんは初期の『ジャニワ』のあのシーンを彷彿とさせるわ。いやぁ~ホント、見どころ満載の『カウコン』だったね。タキツバのラストステージ、King&Prince初参加とか、イベントごとがいっぱいあったのに、まさかマリウスがあんなことになるとは……。ある意味、忘れられない『カウコン』だよ。

B美 32ページからは「Hey!Say!JUMP LIVE TOUR SENSE or LOVE ドーム公演なかよし写真館」っていう特集もある。私、これ見て高木雄也にハマりそうになっちゃったよ! まず、35ページ、裕翔が高木の肩に手を置いてるけど、この高木のTシャツの着こなし具合がもうセクシーだよね。それに、なんと言っても46ページ! 同じ襟ぐりが開いたTシャツで、トロッコに乗って、足を柵にかけて歌ってるところがヤバい! これ、目が合ったファンは大興奮でしょ。

C子 この時の高木のビジュアル、完璧だよね! 痩せたからなのかな? 2月13日発売の「an・an」(マガジンハウス)でヌードに挑戦して少し体を絞ってたじゃん。やっぱり高木は少し痩せた方が色気が出るよね。47ページの笑顔も、爽やかでいいし! 48~49ページの伊野尾慧は、相変わらず可愛い!

B美 伊野尾、お肌もキレイだし、つるんとしてて赤ちゃんみたい。そして、またここの高木が色気ダダ漏れ。伊野尾の背後から密着するようなカットが、オスの表情だよ。高木も良かったけど、JUMPファンは38~39ページも必見だね。山田くんの白シャツ&上半身、ファンが好きそうな場面だもん。

C子 みんな良い写真が多いのに、薮だけちょっと残念だね……。顔がアンパンマンみたい。53ページなんて、ほっぺたがぷっくり浮いて、「たこ焼き~」ってふざけてるみたいだもん。4月に主演ミュージカル『ハル』でボクサー役をやるから、減量前だったのかな。

B美 一方で、JUMPの次の「TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED -FEEL THE LOVE- フォトレポート」は、ツッコミどころがないくらい、山Pのキレイな表情ばっかりだよ。踊ってたりしたら、どうしても間抜けな顔とかあったりするけど、変顔の瞬間が1つもないもん。

C子 ホントだ! さすが、“人類のキセキ”と言われているだけあるね。どこを切り取っても美しい。ただ、64ページは楽しそうにピョンピョン飛び跳ねたからか、黒いパンツが丸見えだ(笑)。これ、どうなってるの!? ジャンプしたせいでズボンが下がってきて、パンツが見えちゃったのか、それとも“見せパン”なの? ある意味、お宝カットだね。山PはバックダンサーのJr.もつけないし、もうアーティストって感じ。外部のダンサーをつけて、元KAT-TUN・赤西仁みたいな雰囲気かな。

B美 約5年半ぶりの最新シングル「Reason/Never Lose」(2月13日発売)は、中国ファンも頑張って買ってるみたいじゃん。5年と言わず、またシングル出してほしいね。あとは4月クールの主演ドラマ『インハンド』(TBS系)も楽しみ!




☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

DA PUMPの「U. S. A. 」ブレークの背景でささやかれるジャニーズ事務所の弱体化

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性○為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!






























人気記事