滝沢秀明「週刊女性」が報じたジュリー副社長との確執

 ついに安室奈美恵が歌手を引退してしまった。テレビでもこれを“ニュース”として大々的に報道していたが、あらためてその偉業に感動。ありがとう、アムロ!! これからも元気で!

syujo-0918.jpg

第428回(9/13〜9/18発売号より)
1位「滝沢秀明が目論む『ジャニーズ改革』」(「週刊女性」10月2日号)
2位「海老蔵が拒否した小林麻耶の夫『仰天の素性』」(「女性セブン」10月2日号)
3位「吉澤ひとみ 『ママ友いない!』『帰らぬ夫『イヤイヤ2才児』の悪夢』(「女性セブン」10月2日号)

 滝沢秀明の芸能界引退は衝撃だった。なにしろ、引退してジャニー喜多川の意思を継ぎ、ジャニーズJr.の育成や舞台・コンサートのプロデュースなど裏方に徹するというのだから。そこで「週刊女性」である。他誌では書かれていない“本当”の理由が書かれているか。

 ありました! それが今回の引退の陰にあった藤島ジュリー景子副社長の存在だ。記事にはジャニーさんが後継者としてタッキーを指名した。しかし、タッキーは即答しなかったという。その理由が記事にはこうある。

「タッキーは、Jr.をないがしろにする現在のジュリー副社長の体制に、不満をもっていました。“ジャニーさんがいなくなったら、事務所を辞める”と周囲に漏らしていたくらいです」(芸能プロ幹部のコメント)

 だがそれをジャニーさんが本格的に口説き、タレント引退、次世代の育成に専念ということらしい。

 タッキーとジュリー副社長の間にあった確執。なんだか、SMAPとメリー喜多川副社長(ジュリーの母親)を彷彿とさせるが、たしかにジャニーさんは姪のジュリー副社長をあまり評価していないというのは定説だ。だから、ジャニーさんを慕うタッキーも同じ気持ちということなのだろう。

 タッキーといえば、SMAP独立騒動の最中、コメントを求められて、「事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう」と暗にSMAPを批判したことが話題になったが、この“事務所”はあくまでもジャニーさんであってジュリー副社長ではなかったってことね。その忠誠心はあくまでジャニーさんに対して。なるほど。

 しかもタッキーはJr.のギャラ遅滞があったとき、ジュリー副社長に激怒したのだとか。だがそうなると心配なのが今後の“裏方”タッキーだ。メリー・ジュリー副社長も、ジャニーさんだからこそ若手育成などに力を注ぐことを容認した。それでもジャニーさんは姉のメリー副社長に頭が上がらなかったといわれる。それなのに、Jr.をないがしろにするジュリー副社長が、ジャニーさんの意思を継ぐ“他人”のタッキーに全面的に協力、もしくはその路線を容認するとは思えない。

 不祥事が続いたジャニーズだが、今後は“組織”としても、ますます混沌としていくのかも。






☆注目記事
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!

Hey!Say!JUMP・岡本圭人、脱退理由は“素行不良”!? 囁かれる「赤西の二の舞い」説

【GIF】山口達也の番組がエロ過ぎる!【画像】「Rの法則」で女子高生がパ○チラ、乳チラ、脇全開晒しまくってた!

激動のジャニーズ事務所でなぜか中居正広の人望が急落中だって!?

Hey!Say!JUMP・山田涼介、“性行為”匂わすソロ曲に「宮田を想像?」「地獄」と悲鳴続出

山口達也の女の口説き方がヤバ過ぎる!

過去に逮捕歴がある他のジャニーズは?!

ジャニーズ脱退後、一番の“勝ち組”? ブランドが確立しつつある森且行

King&Prince・神宮寺勇太、『ZIP!』ヒーローショー企画で「最悪」「舐めんなよ」と批判集中

「ニノ」から「ナリ」へ!?木村拓哉が嵐・二宮の“新愛称”名付け大ブーイング















人気記事