V6三宅健、本当は堂本剛を○○したい!? 「気持ち悪くて……」と遠慮していることとは?

 V6三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(10月23日深夜放送、bayFM)にて、KinKi Kids堂本剛との微妙な先輩・後輩関係について語られた。

jmiyake11-231x300.jpg

 話の発端は、「夫からいまだに名字で呼ばれている」というリスナーからのメッセージ。これに食いついた三宅は、ジャニーズ事務所の先輩であるKinKi Kidsを例に出し、呼び名を変えることの難しさについて話し始めた。

 「最初に呼ぶ時の呼び方って肝心だよね。変な話、キンキの堂本剛くん。(堂本)光一くんは年上だからわかるんだけど」と口にした三宅は、剛とは同い年だから本当は“呼び捨て”にしてもいいはずと説明。だが、三宅よりもKinKi Kidsの2人の方が事務所に入所するのがかなり早かったため、初めて会ったときに「剛くん」と呼んでしまい、いまさら呼び名を変えることは難しいんだとか。

 グループとしてもKinKi Kidsの方が先に結成していたが、デビューはV6の方が早かったという。これには三宅も、「微妙な感じだよね」と口を濁すが、「もういまさら“剛”とかって呼べないもんね。気持ち悪くて、なんか呼べないな」と笑う。剛は“お兄ちゃん感”が強いと話し、「(事務所に)入ったときから歌もうまくて、ダンスもできて、お芝居も上手で、ギターも弾ける。バスケも上手だし、なんでもできる人っていう感じだった」と、当時の印象を懐かしそうに語る三宅だった。

 以前放送された同ラジオで、「合宿所から中学校まで剛と一緒に通っていた」「一番多くバックダンサーとして踊ったのがKinKi KidsとSMAP」などと多くのエピソードを披露している三宅。さらに「KinKi Kidsのコンサートでの楽曲を本人たちにむちゃぶりでリクエストする」など、所々で「わがままな弟キャラ」を発揮しているようだ。

 そして、メールを送ってくれたリスナーには、2007年に発売された嵐のアルバム『Time』の初回限定版のみに収録されている、二宮和也が作詞作曲を手掛けたソロ曲「虹」の歌詞「名字を重ねた日」を例にあげながら、「旦那さんに伝えていただきたい、もういい加減下の名前で呼びましょうと。だって、結婚するってさ、その名字に自分もなるワケなんだから、いまだ別の名字で呼んでるのって不思議じゃない。結婚した意味ないじゃん。だからもうこれを機にぜひとも、ちゃんと下の名前で呼んでほしいですね」と熱く呼びかけた。

 事務所で唯一の同学年である三宅と剛のエピソードは、ラジオやテレビでもよく話され、ファンの中では周知の事実だろう。しかし中学生の頃から共に過ごしてきた彼らには、まだ公には語られていない出来事がたくさんあるかもしれない。








人気記事